株式会社ケアビジネスパートナーズ

代表からのメッセージ

原田 匡

私たちのホームページに訪れていただき、

本当にありがとうございます。

あらためまして、代表の原田 匡と
申します。

私は2008年3月から介護業界に本格的に
関わって以降、

2015年2月まで介護事業所(デイサービス)
を実際に経営してきました。

もともと、介護に関しては全くの門外漢で、

介護経営者としては恐らく劣等生であったで
あろう私でしたが、

約7年間に亘る事業所の経営経験は、

この仕事の

“大変さ”

と同時に、

“重さ”

“深さ”

“尊さ”

を私自身に刻む込む、

なくてはならない、とても貴重な
時間となりました。

また、その意味でも、

私に介護の仕事の本質を教え、

支えてきてくれたスタッフ達には、

今でも本当に感謝しています。

他方、私は経営コンサルタントとして、

2010年1月から2015年3月までの間で、

介護事業者様向けのセミナーや研修講師を
合計727回務めてまいりました。

『業界特性を踏まえた有益な経営情報の発信、
及びツールの開発・提供を行うことで、

地域で愛され、必要とされ、関わる全ての
人々を幸せに出来る会社づくりに貢献したい』

そんな想いを胸に、この約5年間、

北海道から沖縄までを文字通り走り回ってきた
訳ですが、

全国各地に点在している、

温かくも高邁な

“志”

を持った介護経営者と数多く触れ合い、

そこで感じた感動と、前述の自らの経営体験
とが共鳴し合う中、

「今まで以上にもっと深く、

もっと沢山の介護経営者の役に立つためには
どうすればいいのだろうか?」

「今まで以上にもっと広く、

介護市場全体の健全な発展に貢献するため
にはどうすればいいのだろうか?」

ということを自然に考えるようになりました。

そして、

その想いを何とかして具現化したい、

という気持が私の背中を強く後押しし、

あらためて人員体制や組織の在り方を
見直す中、

今までの事業を整理・再定義することを
決断、実行しました。

その上で、これからの我々の

“志”

をあらためて明確にし、

社会に示していくために、

今まで

「株式会社タッグ」

と称していた社名を改め、

2015年5月1日、

「株式会社ケアビジネスパートナーズ」

として新たな第一歩を踏み出そう、

と考えた次第です。

今後の社会保障財政の益々の逼迫、

その他、社会の大きな畝りを考える中、

未来に対して漠然とした不安を抱えている
介護経営者の方も少なからずいらっしゃる
かと思います。

しかし、経済全体の視点で見れば、

介護業界はこれからも

“成長業界”

であることは自明の事実です。

しっかりとした戦略に基づき、

しっかりとしたマネジメントを行う
こと、

そして、その土台として、

“成長・進化していこう”

という確固たる

“志”

“心意気”

を持っていれば、

たとえ現状の規模が小さくとも、

必ず勝ち残り、

これからも存続・発展する道筋を見出す
ことが出来ると私は確信しています。

そして、そんな前向きな皆様を、

我々も全力で支えていく所存です。

また、介護市場向けに価値ある商品・
サービスの提供を行っている、

或いは、

新たに提供を開始しようと考えている
企業様に対しては、

全国の介護経営者とのネットワークを
持ち、

かつ、

介護業界の土地勘や温度感を理解して
いる我々が、

“水先案内人”

として円滑な市場導入をエスコート
していく役割を担うことが出来れば、

とも考えています。

顧客のため、

働く社員のため、

地域社会のため、

そして、自らのために。

二宮尊徳氏の言葉、

“道徳なき経済は犯罪、

経済なき道徳は寝言”

を胸に、

明るい魂で着実に前進して
まいります。

皆様、どうぞ、今後とも何卒
よろしくお願い申し上げます。

拙文・長文を最後までお読み
いただき、

本当にありがとうございました。