そんな「不安」と「前向き」の間で悩まれている介護経営者の皆様には、
きっとお役に立てると思います。

是非、このまま読み進めていただければ幸いです。

原田 匡

お忙しい中、この度は「ケアビジネス研究会」に
興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。

はじめまして、私、株式会社ケアビジネスパートナーズ
代表の原田匡と申します。

「介護市場の健全な発展に力を尽くす事を通じ、
豊かな高齢社会の実現に貢献します」

という経営理念のもと、業界活性化のため、介護事業経営者様に役立つ情報やノウハウ・ツールを開発・提供している者です。

さて、冒頭から恐縮ですが、我々は今後、この「ケアビジネス研究会」を是非とも、弊社の中核サービスの一つに育て上げていきたいと考えています。

何故、我々として、それほどまでにこのサービスに力を込めるのか?

僭越ながら、先ず初めに、本会を開始するに至った我々の想いに対し、少しばかりお付き合いいただけますでしょうか(本研究会のコンセプト等もご理解いただけるかと思います)。

「ケアビジネス研究会」発足への想い

日本にとって、介護市場の重要性は、今後、ますます増すばかりです。

国は、未来を見据える中で、

等々の視点から、介護市場を「日本の未来を牽引する成長分野の一つ」だと位置づけています。

実際、様々な業界の経営支援に携わった後、8年前(2008年)より介護市場に特化した我々としても、介護業界の可能性やポテンシャルについては日々、ヒシヒシと肌で感じるところです。

一方、同市場を“経済”視点ではなく、これからの日本社会に必要不可欠な“社会(生活)基盤”視点で捉えた場合はどうでしょうか。

そこには、社会保障財源の逼迫、という厳しい制約条件のもとながら、

等々、まだまだクリアーしなければならない課題が山積しています。

それらの社会課題が解決され、同時に日本の経済にも貢献していく為には、一体何が必要か?

その鍵は、サービス提供の中核であり、“介護知見の宝庫”であるとも言える介護事業者自らが潜在的に有している存在意義や価値に気付き、自立・自律的な成長・発展を遂げることにあることは言うまでもありません。

他方、以上のような状況を念頭に、全国各地の介護現場の実情に目を向けてみると、そこには大きな課題が横たわっているように我々は感じています。

少し話は変わりますが、我々は北海道から沖縄までの文字通り“全国”をまわり、地域密着の介護事業者向け経営セミナーを計872回、延べにすると優に25,000社を超えるであろう介護経営者・経営幹部の方と触れ合ってきました(2010年1月から2016年3月までの約6年間の実績。単純計算すると、平日の2日に1回以上セミナーを行ってきた計算となります)。

また、それらと並行し、日々、現場で様々な課題に立ち向かっているであろう介護経営者の皆様に寄り添うべく、3年前から始めた介護事業者向け経営メルマガ「ケアビジネスSHINKA論」も気が付けば848回に達し、口コミ等を中心に現在では毎朝全国3,849名の皆様にお読みいただいています(いずれも2016年9月30日段階の数字)。

正直なところ、今までの我々の活動をコンサルタント的な視点で分析した場合、「経営として効率的な活動だったか?」と問われれば、返す言葉に口ごもってしまうようなものであったかもしれません(何せ、経営者である我々自らが時間と人件費を使って、全国を飛び回っている訳ですものね)。

しかし或る意味、効率性を敢えて度外視し、自身の感性に従い、情熱や志を持ってセミナーやメルマガ等の活動を行ってきたからこそ見えてきたものがある、

と今ではハッキリと断言できます。それは、

「高齢者や地域に対する彼ら介護事業者の情熱・想いこそが、日本の超高齢地域社会の根幹を支えているんだ」

という、口先だけでない、温度を伴った「現場観」です。

ビジネスライクな姿勢に終始するのではなく、
志を持って日々、顧客や地域を見つめ、
臨機応変に寄り添い、柔軟な介護を実践する。

今、この文章を読んでいただいているであろう、皆様のような方々が各地で存続し続けることが、高齢者一人ひとりの「QOL(=生活の質・人生の質・命の質)」が保たれる「豊かな高齢社会」の実現には不可欠です。

約6年間の活動を通じ、その想いはやがて、我々の中で「感覚」から「確信」へと変わり、今の我々の根本を形成する「事業観」へと昇華していきました。

しかし、その「事業観」を胸に、現場で沢山の介護経営者と接すれば接するだけ、何とも言えない“不安”が膨らんできているのも事実です。

それは、多くの介護事業者が抱えている“経営体質”の問題です。

実感するに、介護保険が始まった2000年から現在に至るまでの間において、多くの介護事業者には、介護保険に「縛られ」つつも、「護られる」ことを前提とした経営スタイルが沁みついてしまっているように思います。

乱暴な物言いかも知れませんが、

「顧客さえ集める事が出来れば、後は単価が高い介護保険が食べさせてくれる」

それが当たり前になってしまっており、経営に不可欠な「外部環境の変化に合わせて自社を革新させていく能力」が鈍ってしまっている事業者が多いのではないか、と思えてならないのです。

今後、介護報酬の低減が益々加速する傾向が明らかな中、現状の経営体質のままでは発展どころか、存続すらもおぼつかなくなる事業者が多発することは、論理的に考えれば明らかです。

「志を持って、本気でご利用者やご家族と向かい合い、心と心でつながっている、そんな素晴らしいケアを提供しようと日々、努力されている事業者がこの先、1社でも多く存続・発展出来る環境をつくるために、我々には一体何が出来るだろう?」

そんな想いのもと、少しでも皆様のお役に立つことが出来れば、と考え、新たに発足させようと考えたのが、この度ご紹介させていただく「ケアビジネス研究会」なのです(冒頭に申し上げた、「このサービスを自社の中核サービスの一つに育て上げたい」と考えた理由・背景は、ここにあります)。

ケアビジネス研究会とは

ケアビジネス研究会とは、「今までご利用者や地域、職員のために真面目に頑張ってきた介護経営者」「今後、経営環境が大きく変わる事は理解出来ているが、具体的な打ち手を見出す(or確立する)ことが出来ていない介護経営者」を対象とした全国の会員サービス組織です。

主には下記の通り、2つのサービスを提供したいと考えています。

【サービスその1】
成長を志す介護経営者が集い、切磋琢磨し合うための「場」を
3ヵ月に一度(=年4回)、全国7会場で、設けます。

「日常業務が忙しく、自社の経営についてじっくりと見つめ直す時間がなかなかとれない」

「独りで考えても堂々巡りに陥ってしまい、良いアイデアや答が浮かんでこない」

そんな皆様には是非、この勉強会と言う「場」をご活用いただきたく思います。

具体的には、先ずは下記7つの会場で、会員経営者・幹部の方に3ヵ月に一度、集まっていただき、介護経営に関する勉強会を実施予定です。

今後の勉強会スケジュール
開催都市 第1回日程 第2回日程 第3回日程 第4回日程
札幌 2016/10/26 (水) 2017/1/25 (水) 2017/4/26 (水) 2017/7/26 (水)
仙台 2016/11/24 (木) 2017/2/22 (水) 2017/5/24 (水) 2017/8/23 (水)
東京 2016/12/21 (水) 2017/3/22 (水) 2017/6/21 (水) 2017/9/13 (水)
名古屋 2016/11/17 (木) 2017/2/15 (水) 2017/5/17 (水) 2017/8/16 (水)
大阪 2016/12/7 (水) 2017/3/8 (水) 2017/6/8 (木) 2017/9/6 (水)
広島 2016/11/9 (水) 2017/2/8 (水) 2017/5/10 (水) 2017/8/9 (水)
博多 2016/10/6 (木) 2017/1/11 (水) 2017/4/12 (水) 2017/7/12 (水)

※会場は別途お知らせいたします。
※時間は各会場13:30~16:30を予定しております。
※日程は変更になる場合がございます。

ちなみに、会員限定勉強会の内容は下記を想定しています。

※参加費は原則不要ですが、ゲストスピーカーを招く場合などは、別途費用が発生する場合があります。
※勉強会終了後には基本、ティータイムを1時間ほど設け、カジュアルな形での意見交換も行う予定です。通常ではなかなか出会うことが難しいであろう、様々な地区に点在する志の高い経営者同志の情報交換の場としても是非、この場をご活用下さい。

次に、2つ目のサービスについてです。

【サービスその2】
有益な介護経営情報をCD/DVD形式にて
毎月タイムリーにご提供します。

下記3種類の情報を毎月、CD/DVD形式でお届けいたします。

  1. 先進事例インタビュー(CD+DVDにて提供)

    先進的な経営を行っている全国の介護経営者、及び、これからの介護経営にヒントを提供していただけるような経営者・企業にインタビューを行い、「生の声」をお届けします。

  2. 「科学的介護経営」実践講座(CDにて提供)

    成長・進化に直結する「科学的介護経営」を実践するために必要な考え方やスキル、ツール等を、介護経営の課題に即してお届けします。

  3. 介護行政・市場ニュース(CDにて提供)

    国や業界の最新動向について、弊社独自の視点で分かりやすい分析・解説をタイムリーにお届けします。

ちなみにこの情報提供サービスについては昨年より「科学的介護経営CD/DVDシリーズ」という名のもとに提供を開始しており、大変好評をいただいております。

参考までに、過去にお届けした情報は下記の通りです。
(このような内容の情報が毎月届くのか、というイメージ付けとして是非、ご確認下さい)

2016年9月号 [No.013]

2016年8月号 [No.012]

2016年7月号 [No.011]

2016年6月号 [No.010]

2016年5月号 [No.009]

2016年4月号 [No.008]

2016年3月号 [No.007]

2016年2月号 [No.006]

2016年1月号 [No.005]

2015年12月号 [No.004]

2015年11月号 [No.003]

2015年10月号 [No.002]

2015年9月号 [No.001]

以上が主なサービスとなります。

サービスのまとめと会費について

さて、「ケアビジネス研究会」のサービス内容をあらためてまとめさせていただきます。

  1. 現場を離れ、介護経営について
    集中的に考える「場」を定期的にご提供

    →志の高い経営者と切磋琢磨・意見交換しながら、自社の経営についてじっくりと見つめ直す時間を取る事が出来ます。
    →介護経営に有益な知識・見識を持つコンサルタント(原田etc)に直接、質問やアドバイスを求める事が出来ます。

  2. 有益な介護経営情報を毎月タイムリーにご提供

    下記3種類の情報を毎月、CD/DVDにてお届けします。情報入手としての活用は勿論、経営幹部への教育ツールとしてもお役立てください(毎月CD/DVDを経営幹部に見てもらい、レポートを提出してもらう事で幹部育成を図っている事業者もいらっしゃっています)。
    1. 先進事例インタビュー(CDorCD+DVD)
    先進的な経営を行っている全国の介護経営者、及び、これからの介護経営にヒントを提供していただけるような経営者・企業にインタビューを行い、「生の声」をお届けします。
    2. 「科学的介護経営」実践講座(CD)
    成長・進化に直結する「科学的介護経営」を実践するために必要な考え方やスキル、ツール等を、介護経営の課題に即してお届けします。
    3. 介護行政・市場ニュース(CD)
    国や業界の最新動向について、弊社独自の視点で分かりやすい分析・解説をタイムリーにお届けします。

最後に、このサービスをご活用いただくための会費についてご案内させて下さい。

会費の価格設定については正直なところ、社内で相当議論を行いました。

一つの目安として、弊社では前述の通り昨年、「科学的介護経営CD/DVDシリーズ」という名称で、上記2つ目のサービス(=「先進事例インタビュー」「科学的介護経営実践講座」「介護行政・市場ニュース」の3つの情報を毎月CD/DVD形式にてお届けするサービス)を1.2万円/月でご提供してきました。実は、このサービスを始めたのは、今回の「ケアビジネス研究会」と同じ想い(=志を持った前向きな経営者の一助になりたい)からです。

「それなら、この科学的介護経営CD/DVDシリーズと同じ価格でどうだろう?」

「いや、CD/DVDシリーズのサービスに加え、3ヵ月に一度とは言え、ショートセミナーを行ったり、参加者同士で意見交換したりする“場”を新たに提供する訳だし、それに、皆様の経営課題に対して具体的に助言も行わせていただくのだから、少なくとも1.2万円/月以上の値段設定にすべきではないだろうか?」

そのような議論を経た結果、今回は

“月額1.2万円/月(税抜)(=従来のCD/DVDシリーズと同じ金額”)

でサービス提供させていただくことで意思決定致しました。

ちなみに、半年一括、或いは年度一括でお支払いいただく場合には、更に割安になる設定も準備させていただきます(こちらも従来のCD/DVDシリーズと同様の設定です)。

料金体系 月額払い 半年一括払い
(月換算)
年一括払い
(月換算)
ケアビジネス研究会 会費 12,960円 70,200円
(11,700円/月)
約1ヶ月分無料
129,600円
(10,800円/月)
2ヶ月分無料

※お支払い方法について※
月額払いの場合「口座振替」「クレジットカード」からお選びいただけます。
半年または年一括払いの場合「銀行振込」「クレジットカード」からお選びいただけます。

平たく申し上げると、

「高い志を持った介護経営者の方々と切磋琢磨し合える環境」

「自社の経営に対しての情報提供やアドバイスをしてくれるエキスパートの存在」

この2つを月1.2万円(年一括の場合は月1万円)で得る事が出来ますよ、という意味です。

「こんな金額で良いのですか?税理士や社労士の顧問より安い設定ですけど、、、」

テスト販売時にはそんなありがたい声もいただきましたが、我々としては参加費用を高めに設定して本研究会への参加ハードルを上げるよりも、1社でも多くの方々にこのサービスを活用していただけるように設定する事で、我々の想い・志と事業性を両立させることができるよう努力してまいる所存です。

既に参加を意思決定いただいている方々は皆、とても前向きでアグレッシブな経営者ばかりです。

是非、成長・進化志向をお持ちの皆様には、この機会を有効活用いただきたく思います。

お申込みはこちらから

追伸

前述の通り、本研究会は、「志を持った前向きな経営者の一助になりたい」という想いから端を発したサービスです。ですので、「何かを掴もう、学ぼうと自ら積極姿勢を保てる方」「自立・自律思考をお持ちの方」のご入会を大歓迎させていただく一方、大変申し訳ございませんが、「他力本願・依存が強い方」「お客様気分の方」「様子見・冷やかし気分の方」「批判的な視点ばかりで物事を見がちな方」の入会はお断りさせていただきたく思います(そういった方はほぼ皆無だと信じておりますが、念のため)。

「ケアビジネス研究会」は、本気で学び合い、切磋琢磨し合い、刺激し合い、自らの成長に時間とお金を投資することを意思決定された成長・進化志向の経営者を支援するための、本気の会員制プログラムです。会の品質を保つためにも、そこだけは絶対に譲れないところですので、悪しからずご容赦くださいますようお願い申し上げます。

お申込みはこちらから

追々伸

「参加費用を高めに設定して本研究会への参加ハードルを上げるよりも、1社でも多くの方々にこのサービスを活用していただけるように設定」と書かせてはいただきましたが、とはいえ、当然ながら、集まる「場」においての品質についてもしっかりとこだわってまいりたいと考えています。故に、各会場において人数が一定以上に達し、これ以上増えると会の品質が劣化する、と判断された段階で、定員募集を締め切らせていただくこともございます。

何卒ご理解いただくと共に、ご参加を希望の方は、是非、早めに申込をいただければ幸いです。

お申込みはこちらから

以上、駄文に最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

それでは、皆様と全国の会場のどこかでお会いできます事を心より楽しみにしております。

末筆ながら、皆様の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

ケアビジネスパートナーズ株式会社 代表取締役
原田 匡 拝

特定商取引法に基づく表示

運営会社について
運営会社 株式会社ケアビジネスパートナーズ
運営統括責任者 代表取締役 原田 匡
所在地 〒105-0012
東京都港区芝大門1-10-11芝大門センタービル10階
電話番号 03-6880-9097(平日9:00~18:00)
メールアドレス contact@carebp.com
お問い合わせ お問い合わせフォームまたはお電話(03-6880-9097)
にて、お気軽にお問い合わせください。
ケアビジネス研究会について
商品内容 会員の皆様へは、毎月月末頃、「科学的介護経営CD/DVDシリーズ」の最新号をお届けいたします。毎月の商品内容は下記です。※配達地域により月末を過ぎる場合がありますのであらかじめご了承ください
1. 介護行政・市場ニュース(CD)
2. 「科学的介護経営」実践講座(CD)
3. 先進事例インタビュー(CD+DVD)
料金体系 料金体系について、詳しくはこちらをご確認ください
※「科学的介護経営CD/DVDシリーズ」の送料は料金に含まれます。
※勉強会の参加費は原則不要です。ただし、ゲストスピーカーを招く等、別途費用が発生する場合があります。
支払い方法 ・銀行振込(半年一括払い・年一括払いの場合のみ)
・口座振替(月額払いの場合のみ)
・クレジットカード(VISA/MasterCard/JCB/AMEX)
・PayPal(ペイパル)
※毎回の決済は自動更新にて行われます。
※クレジットカードのお支払回数は1回払いとなります。
※口座振替をご希望の場合、口座が有効になるまでの間、
 銀行振込のご対応をお願いします
※20日までにご入金いただいた場合、その月からのご入会となります。
退会について 月末までに弊社へ退会をお申し出いただいた場合、その翌月末での退会となります。また、半年一括払い・年一括払いの場合、途中での退会をすることができませんのでご了承ください。
お申込み方法 お申込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、お支払手続きをお願いします。
お振込みの場合は自動返信メールにてご請求内容を送付致しますので、ご対応をお願いします。